カロリミットと大人のカロリミットの違いは?どっちを選択?

カロリミットと大人のカロリミットの違いは?どっちを飲むか併用して飲む方法はちりつも

おいしいものには糖や脂肪分が多く含まれているのが辛いところ…

唐揚げ、とんかつ、ドーナツ、ラーメン、チョコレートケーキ、ハンバーガーにポテト…

そんなお悩みを抱える女子(もちろん男子も!)にお助けなのが

FANCLのカロリミットシリーズです。

5.4秒に1個売れていて

累計5400万個売り上げているというカロリミットシリーズ

実は、基礎代謝は20代くらいから徐々に衰えてきているので、

もしかして昔より太りやすくなった?

と感じたら大人のカロリミットへの替え時かもしれませんよ!

 

\4週間分を1000円でお試し/

(通常価格30日分2800円)



カロリミットと大人のカロリミットの違い

食事の糖や脂肪の吸収を抑える働き

ファンケル【カロリミット】との違いですが、

【カロリミット】には、「食事の糖や脂肪の吸収を抑える」サポートをする働きがありますが、

「日常活動時における脂肪を代謝する力を高める働き」はありません。

【大人のカロリミット】には両方の働きがあるので、

基礎代謝の低下してきている大人世代(基礎代謝は20代から下降します)には、【大人のカロリミット】がおすすめです。

 

【ファンケル】結果が出にくい大人に!脂肪の代謝を高める♪

 

日常生活時の脂肪を代謝する働き

大人のカロリミットの成分には、「ブラックジンジャー」が入っています。

このブラックジンジャーが、年齢によって代謝の低下を感じる年代の方をサポートする成分ですので、40歳を過ぎたくらいからは「大人のカロリミット」を飲むことをおすすめします。

 

基礎代謝の低下

 

カロリミットと大人のカロリミットあなたはどっち?

カロリミットと大人のカロリミットを簡単に比較し、

表にまとめるとこのような感じになります。

カロリミット大人のカロリミット
糖や脂肪の吸収を抑える成分ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミンギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン
脂肪の代謝をサポートする成分ブラックジンジャー(ペンタメトキシフラボン)
1日に飲む回数1日3回まで1日1回
摂取目安量1回4粒1日4粒
対象年齢20代〜40代くらいから
飲むタイミングカロリーが気になる食前の前最もカロリーが気になる食事の前

 

【ファンケル】結果が出にくい大人に!脂肪の代謝を高める♪

 

こんな食事の前に大人のカロリミットを飲んでおきます

 

糖質制限

カロリミットと大人のカロリミットの併用

カロリミットと大人のカロリミットは併用して飲んでも大丈夫です。

高い糖や脂肪が気になる食事の時、カロリーが高くなりそうな食事の前、

例えば夕食前には、「大人のカロリミット」

それ以外の食事の前には「カロリミット」を摂るようにするのがおすすめです。

 

 

 

\4週間分を1000円でお試し/

(通常価格30日分2800円)



 

タイトルとURLをコピーしました